これでもう悩まない?オフィスで働く女性に推奨されるファッションを紹介!


トップスは“袖口スッキリ”を心がけましょう

制服のない職場で働く女性にとって、どのようなレディースファッションをチョイスするかは悩みごとの1つですよね。そこで今回はオフィスで好印象につながるレディースファッションを紹介します。

デスクワークの場合は上半身を見られることが多いので、トップスはデザインであまり主張しすぎないようにしましょう。たとえば袖口が大きく開いていたりリボン付きのデザインだったりすると、キーボードを打つときや文字を書くときに服が邪魔になりますよね。主張の強いデザインのトップスで仕事をしづらそうにしていると周りは何かと気をつかうので、袖口がスッキリしているものを選ぶようにしましょう。仕事のあとに予定があってどうしてもデザイン性を重視したい場合は、七分袖のトップスを合わせて手首から先を動かしやすくすることが推奨されます。

肌の露出は控えめにして“清潔感”を重視しましょう

スカート丈は、どんなに短くてもひざが少し見える程度に留めておきましょう。オフィスで太ももを見せていると上品さに欠けますし、露出の多さで悪目立ちするのはイメージダウンにつながることもあります。特に大事なプレゼンがある日に露出の多いレディースファッションで人前に立つと、聞く側は身だしなみばかりに目がいって、肝心のプレゼンの内容が耳に入ってこないということも起こり得るので注意しましょう。

またオフィスのレディースファッションは、色選びも重要なポイントになります。幅広い年代の人が働く職場では、ホワイトが推奨されます。ホワイトは清潔感があり、老若男女に好印象を与える万能カラーなのです。トップスに光沢感のあるホワイトを用いると、レフ板効果が発揮され肌をキレイに見せることも期待できますよ。

フォトフェイシャルは3週間から4週間ごとに施術しますが、個人差はあるものの、効果が現れるまでに4回から5回程度の施術が必要だと言われています。